自分の足が【扁平足】かどうか確認したことありますか?

こんにちは!

枚方市駅から徒歩5分の『鍼灸整骨A.T.NAGASHIMA』です(^^♪

 

今回のブログは、足に注目して書いています(^_^)/

 

人間は日常生活で、立ったり・歩いたり・走ったり様々な行動を取って生活していますよね?

どの様な行動でも、体を支える為に足がとても頑張っています。

足が頑丈でないと、歩いたり・走ったり出来ませんよね?

それだけ、足は重要な部分になってきます。

 

足首(くるぶし)から下には何個の骨があるのかご存知ですか?

 

大人の全身の骨は、基本的に206個あると言われています。

 

IMG_1276

 

では、足首から下には何個の骨があるか知っていますか??

 

正解は・・・片足28個です!

両足で56個もの骨があるという事になります。

ということは、全身の1/4の骨が足にあるという事です。

 

しかも、その周りには靭帯が引っ付いたり・筋肉が引っ付いていて、足のアーチが作られています。

足の様々な機能により、私達は歩く・走る・ジャンプする等が出来ているんです(^.^)

足の機能が低下することによって、膝・股関節・腰・肩・首・の全身的な骨格が崩れる可能性もあります。

 

足のアーチは何個あるかご存知ですか?

 

●足のアーチが低い・・・

●土踏まずが無い・・・

と聞いたことある方も多いと思いますが、アーチって実際何個あるかご存知ですか??

 

正解は・・片足に3つあります!

 

 

 

『内側縦アーチ』

IMG_1272

足を内側から見たときに「土踏まず」と言う地面に接地しない部分がありますが、これを内側縦アーチがあります。

 

 

『外側縦アーチ』

IMG_1271

外観上からは分かりにくいですが、外側にも内側よりやや低めの外側縦アーチがあります

 

 

『横アーチ』

IMG_1275

また足を前方から見ると横に広がる横アーチがあります。

 

この3つのアーチが、地面に足が着地し体重が加わった際に地面からの衝撃を吸収し、全身の負担を軽減する重要なクッションの役割をしています。

このアーチが少なくなってしまうと、衝撃が全身に強く加わってしまうという事ですね(;^ω^)

 


 

 

外反母趾・扁平足・足の障害は、このアーチ構造の崩れにより生じている事が多いです。

アーチが崩れた足は、クッションやバネの機能が低下するので、疲れ易く、歩きにくいといった症状を伴うようになります。

また、足の裏にタコが出来ている人の多くもこのアーチ構造の崩れが原因となっている事が多々あります。

 

当院で取り扱っているインソール(靴の中敷き)は、足のアーチ構造をサポートしてくれるものになっています。

偏平足の多くは、踵の骨が傾いてしまっている事(過回内)が多々見られます。

 

過回内

当院のインソールは踵の骨が、傾かない・アーチが落ち込まないようにサポートする為に硬い素材になっています。

体全体の1/4を占めている足の骨をしっかり支え、不調の少ないお身体にしていきましょう!

 


 

 

当院でインソールを作られる患者様のお悩みの多くは

 

●昔、インソールを作ったけど新しく作り直したい!

●扁平足で足の疲労が溜まりやすい!

●外反母趾が痛い!

●スポーツをしていてパフォーマンスを上げたい!

の4つのお悩みが多くなっています。

 

インソールについて気になる・作ってみようかな・どんなものなのか実際に手に取って確認してみたい等、ありましたらお気軽に当院へご相談下さいね。

 

インソールページ ← 当院インソールページです

 

 

友だち追加 当院公式LINEアカウントもございます。

気になる事がありましたら、お気軽に問合せ下さいね(*^^*)

 

IMG_1561

 

〒573-0027

大阪府枚方市大垣内町2-8-22シンエービル1階

枚方市駅から徒歩5分

『鍼灸整骨A.T.NAGASHIMA』

TEL 072-894-8662

監修 柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 原田彰