当院は電気治療器もプロクオリティです♪

こんにちは!!

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMA 野村です!

 

毎年、甲子園が終わると急に夏がすぎていくような気分になるのは僕だけでしょうか?

今年も熱闘甲子園で何回泣いたか…年々なく回数が多くなっている気がします(T . T)

 

さて今回は秋になるにつれて涼しくなってくると走ったり何か運動を始める方が増えます。

それに伴い当整骨院でも捻挫や肉離れといった怪我をされ来院される方も増えます。

 

もちろん怪我を防ぐには日々のケアですが、怪我をしてしまったら初めの処置が大切です。

正しい処置をしてあげることで慢性化を防ぎ、早期治癒に繋がります(^ ^)

 

そこで今日はそんな怪我に対して当院に完備している最強助っ人の電気治療器をご紹介致します!

 

fullsizeoutput_1112

 

電気治療と聞くとビリビリして怖い…というイメージがあるかもしれませんが決してそんなことはございません!

 

急性期の怪我などは手技だと患部を直接触るのは難しいのですが、電気だと患部に直接刺激を与えることができますので最大の効果を発揮してくれますよ^ – ^

また、当院ではプロアスリートも使用している機械を揃えておりますので安心してご利用いただけます。

では、一体どんなものがあるか早速ご紹介致します!

 

①ハイボルテージ(高電圧)療法

当院で一番使用頻度が高いものです!

他の機械では100Vの電流なのに対して150Vを超える高電圧を体に流すことで、深部の筋肉への刺激に適し、疼痛の軽減や血流の促進可動域の改善などに効果が期待できます。

 

「えっ!?150V!?(´⊙ω⊙`)」

「痛そう!(>人<;)」

 

という言葉が聞こえてきそうですが…(⌒-⌒; )

特殊な技術を駆使しているので痛みがなく不快感はありませんよ^ – ^

急性期の怪我にも慢性腰痛、肩こりにも効果を発揮してくれます!

 

fullsizeoutput_1115

 

②EMS(電気筋肉刺激療法)

次にご紹介するのがこちらのEMS。

筋肉および神経に対して電気刺激を加えることで機械的に筋肉を動かします

運動神経に働きかけて自分の意思とは関係なく筋肉を収縮できる療法です。

 

今テレビなどで紹介されている

「お腹につけるだけで腹筋◯◯回の効果!!」

と謳われているのもこのEMSを利用しています。

 

それ以外にも手術後のトレーニング や筋肉の拘縮で効果を発揮します!

スポーツ選手には乳酸の除去やパフォーマンスの向上としても有効です。

 

③微弱電流療法(MCR)

3つ目にご紹介するのは急性期の怪我に対して大活躍するMCRという電気です。

 

他の機械の最小電流は1000μAに対しこの機械では750μA以下の体に感じない程度の低い電流を流す治療方法です。

 

「人間の体では組織が損傷を受けると、損傷組織には電気的に負の状態を強くする傾向があります。そしてその部分を治そうと正常組織から損傷部に電流が流れ込む現象が発生します。これを損傷電流と呼び10〜30μAであることが判明しています。」

 

この機械はそれに近い電流を損傷部分に流すことができるのでATPの生成・タンパク質の合成に強く作用してその活性を促すことができます。

簡単にいうと…

 

体の反応として怪我をするとそれを治すのに正常な部分から怪我をした部分に電気が流れます。それに近い電気を直接怪我をした部分に流してあげることで治癒を早くするということです。

 

fullsizeoutput_1116

 

④超音波

4つ目にご紹介するのが「超音波」です。

この言葉を聞いたことがない人はいないといっても過言ではありませんが治療にはどのような効果があるのかご存知でしょうか?

 

超音波とは人間の耳には聞こえない高い振動によって温熱作用マッサージ効果が得られる治療法です。

温熱作用だと温泉やカイロなどもありますがそれらの熱はほとんど皮膚表面で吸収され脂肪を通り越した深いところまで達しない。

それに対し、超音波ではエネルギーが生体組織に吸収される時に発生する熱(ジュール熱)が筋肉の深いところまで達することにより、痛みの緩和関節拘縮血流促進といった効果が得られます。

 

マッサージ効果は手技によるマッサージとは異なりミクロマッサージと言って押す力と引っ張る力が作用することによって、損傷組織の治癒促進浮腫の軽減といった効果が得られます。

 

⑤LIPUS(低出力パルス超音波)

さらに超音波でもこちらの治療法は低出力の超音波を断続的に発振することにより損傷を受けた部位の修復効果が得られるものがLIPUS。

特に骨折などの骨の癒合に適していると言われています。

その理由として、

超音波刺激により血流量が増加し、細胞増殖因子へ働きかけが活性化することで、骨の代謝回転が向上すると言われています。

また、ある整形外科では変形性膝関節症にもこのLIPUSを使用しています。

 

 

⑥コンビネーション治療

超音波×ハイボルトなど組み合わせることにより相乗効果が発揮できます。

圧痛がある部分に超音波のミクロマッサージを当てながらコリをほぐし、ハイボルトで痛みの緩和を行います。

 

fullsizeoutput_1111

 

「捻挫してしまった!」「肉離れをしてしまった!」

このように何かして痛みが出た場合はすぐに私たちにご相談ください!

正しい処置を早いうちに行うことで慢性化を防ぎ早期治癒に繋がります(^ ^)

 

友だち追加

 

LINEでもお気軽にご相談を受け付けております(^ ^)

 

ブログ用フッター画像

〒573-0027

大阪府枚方市大垣内町2丁目8-22

京阪枚方市駅徒歩5分

鍼灸整骨A.T.NAGASHIMA

TEL072-894-8662

 

監修 柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 原田 彰

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る