外反母趾の原因と痛みを軽減させるインソール(中敷)きを紹介します。

みなさん、こんにちは!(^^)!
鍼灸整骨A.T.NAGASHIMAの元田です。

「おしゃれは足元から」って言いますよね~(^-^)
僕も、おしゃれをする事が好きでたくさんの靴を持っています!
皆さんも、様々な種類の靴を持っていると思いますが、靴選びの際にどの様なポイントを見て購入しますか?

メーカー・色合い・生地・見た目・軽さ・等、様々なポイントを見て選ぶと思います。
私は、メーカー・自分の足に合っている横幅・見た目の3つのポイントを見て購入しています(^^)

見て目だけで判断して、自分の足よりも細い靴を履いていると「外反母趾」になってしまう可能性もあります(:_;)

 

今回のブログ内容は、悩んでいる方も多い「外反母趾」についてのブログです!(^^)!


 

当院にも、外反母趾で困っている方も多く来院されます。

 

この外反母趾には様々な原因や要因があります。

今回はその原因や対処法について詳しく説明していきます。

IMG_0453

 

外反母趾の原因とは

外反母趾の原因は、

①足のアライメント異常

 ※アライメント:骨・関節の配列の事です。

②靴の影響

③遺伝

以上がよく言われています。

足のアライメント異常

足にアーチ(土踏まず)があることはご存知の方も多いと思いますが、アーチは3つあるんです!
3つもある事はご存知でしたか(‘ω’)?

それぞれ、内側縦アーチ外側縦アーチ横アーチといい、骨が弓形に並んでいます。

アーチ

このアーチ構造によって「土踏まず」が作られます。

このアーチが崩れ、土踏まずがなくなった状態を『扁平足』と言います。

扁平足になってしまうと、横アーチが少なくなり、親指と人差し指の間が広がってしまいます。

その結果、本来の関節の機能が働かず、拇趾が内側に入り込んでしまうと言われています。

外反母趾

このように、外反母趾の方の多くは足部のアライメント異常によって起きることが多く見られます。

靴の影響

生活する上で、靴は欠かせませんよね!

しかし、外反母趾は裸足で生活している方たちに比べ、約3倍も靴を履いて生活している方に多いという報告もあるんです。

足に合わない靴を履くことにより外反母趾になる確率が高くなってしまいます。

特に女性の方は、足先が細いハイヒールを履かれる方が多くいらっしゃいます。

足先が細いハイヒールの使用は、外反拇指の発生原因と言われています。

お仕事の関係で、ハイヒールを履かないといけない方はお休みの日は、スニーカーを履くようにしたりして出来るだけ負担を減らしたりする事をオススメします(^^)

遺伝

遺伝についてですが、外反母趾は『年齢を重ねるとなるもの』というわけではありません!

外反母趾の方の中には、先天的(生まれつき)に外反母趾の方もいらっしゃいます。

また、男性よりも女性の方が多い事が特徴になっています。

稀ですが、幼稚園児の段階ですでに外反母趾が発症している例もあります。

ある研究のデータでは、外反母趾の方の約60%の確率で、家族にも外反母趾が発生しているという報告があります!

また、外反母趾は加齢に伴い進行していくとも言われています。

特に、40歳以降は筋力が低下しはじめる時期です。

この時期に、もともと外反母趾傾向だったものが進行するといったことが多いようです。

対処法

まず、足部の筋力低下を防ぐようにトレーニングをしましょう。

足の筋肉が落ちてくると、土踏まず(アーチ)も低下してきてしまうので、足の指でグー・パーを行い筋肉低下を防いでいく必要があります。

IMG_0456

 


 

IMG_0457

 

外反母趾の痛みの軽減の為に、テーピングを巻いたりもします。
また、ご自身でも簡単に巻けるテーピング方法も教えさせて頂きます。

インソール

外反母趾の発生原因である、足部のアライメント異常を整えるためにインソールも大変有効なアイテムです!

扁平足の方は写真のように、『過回内足』といって踵が内側に倒れていることが多くあります。

 

過回内

この過回内足をインソールによって補正することにより、外反母趾の痛みの軽減や外反母趾の進行を防ぎます。

当院では、その方に合った完全オーダーメイドのインソールを取り扱っております。

当院のインソールでは、しっかりと硬いソールで踵が内側に倒れないように補正するものになっています。

オーソティクス③

インソールをお考えの方や興味がある方は、一度当院までご相談くださいね(^’^)

当院インソールページ ←当院のインソールについて詳しくご紹介しているページです。是非一度ご覧になって下さいね(^^♪

 

その他

その他の対処法としては、靴の選び方です。

靴選びで重要なポイントは

母指球を圧迫しない横幅

先が広く、足の指の動きを制限しないもの

ヒールは低め(4cm未満が良い)

靴を選ばれる際には以上の事にも気をつけて下さいね!

また、外反母趾の要因には歩行の異常もある場合があります。

しっかりと正しい歩行が出来るように、身体の調整やトレーニングも必要となってきます。

放置しておくとどんどん進行していき、母指球がズキズキ痛む場合も出てきます。

 

 


足のトラブルは、身体全体の不調に繋がったりもします。

足のトラブルにはもちろんですが、腰痛・ゴルフで飛距離を伸ばしたい・スポーツのパフォーマンスアップ・体の疲労軽減・等にも当院のインソールは効果を発揮してくれます。

何か気になる事がありましたら、一度当院スタッフにご相談してみて下さいね(^^♪

 

top_slide0-2

〒573-0027
大阪府枚方市大垣内町2-8-22シンエービル1階
TEL 072-894-8662

京阪枚方市駅から徒歩5分の鍼灸整骨A.T.NAGASHIMA

監修 柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師 原田彰