花粉症、鼻炎は鍼灸治療が効果的

鍼灸整骨A.T.NAGASHIMAです。

 

スギやヒノキの花粉シーズンは過ぎたのですが、6月ごろまでイネ科の花粉や1年中鼻炎に悩まされている方は多くいます。

そして、日本人の約25%は花粉症を発症されている報告もあります。

症状としてくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどのアレルギー症状です。

一度かかってしまうと根治が難しく、長い年月付き合っていく必要があります。

花粉症は名前の通り、花粉が原因で起こるアレルギー反応です。

花粉がどのようなメカニズムで症状が引き起こされるのかご紹介いたします。

花粉症メカニズム

花粉に構わずアレルギーとは、体内に物質が侵入し、その物質を異物とみなしてそれを排除するしようとして過剰に体が反応する現象ことを言います。

花粉は人の身体にとって有害なものでは無いのですが、体内に花粉が侵入した時に身体を守るために免疫が過剰に反応してしまい、

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状を引き起こしてしまいます。

 

①花粉が目や鼻から侵入

 ↓

②リンパ球が花粉を異物と認識し、リンパ球がIgEという抗体をつくる

 ↓

③IgE抗体が肥満細胞(マスト細胞)にくっつく

 ↓

④そして再び花粉が侵入

 ↓

⑤ヒスタミンという物質が分泌

 ↓

⑥くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状が出現

 

悪化させてしまうケース

ストレス→自律神経(交感神経副交感神経)の乱れると免疫が過剰に働いて、アレルギー症状を引き起こします。

睡眠不足→免疫ホルモンバランスが崩れる

アルコール摂取→アルコールは血管を拡げる(拡張)させる作用があり、鼻づまりや目の充血などの症状を引き起こします。

タバコ→タバコの煙は、鼻粘膜を直接刺激がし、鼻づまりを悪化させる原因に繋がります。

 

花粉を悪化させてしまう原因は今の現代社会では避けて通れないものがたくさんあり、無理をして制限をしてしまうと逆にストレスがためてしまい症状が酷くなりますので要注意です。

どうすれば効果的か?

花粉症にかかっている人は予防策としていろんな対策を行っている人もたくさんいらっしゃいます。

・マスク着用

・室内に花粉を持ち込まない

など上記以外にも取り組んでいることは多いはずです。

 

今回、着目してほしいのが

免疫力です。

免疫力を効果的に上げることが可能なのが、鍼灸治療です!

DE36FA30-3A1A-43E4-96D6-D706C63DDC51

 

鍼灸治療は自律神経のバランスを調整することができます。

花粉症は免疫力の過剰な働きによって起こるものなので花粉症の症状を改善させるのではなく

花粉症を発症させる増悪因子(ストレス、睡眠、アルコール、タバコ)をコントロールすることはできます。

症状事態を完全に取り除くことはできませんが、緩和させることによって過ごしやすい日常生活をおくることができるので鍼灸治療は効果的です。

267A9FEA-F34B-4DB5-B48F-64DC33E6BBE3

 

〒573-0027

大阪府枚方市大垣内町2-8-22シンエービル1階

枚方市駅から徒歩5分

『鍼灸整骨A.T.NAGASHIMA』

TEL 072-894-8662

友だち追加

 

当院にはLINE@の公式アカウントもございます!

お困りの方がいましたらいつでもご相談ください!