目指すは−10歳の体へ

こんにちは。

A.T.NAGASHIMAです。

早いもので年内最後のトレーニングブログとなりました。

今年の体の変化はいかがでしたか?

思い通りに体づくりができたと胸を張れる方は何人いらっしゃいますか?

 

今回はダイエットには切っても切れない関係の「カロリー」のお話をします。

 

カロリーって何者?

「カロリー」とは、1ℓの水を1℃上げるために必要なエネルギーのことをいいます。

皆さんご存知でしたか?

 

人間の脳や体はエネルギーがないと存在出来なくなります。

なので毎日食事からエネルギーを吸収して生活をしているのです。

例えば1日100kcalの物を体に摂取した場合、運動で100kcalを消費すれば+−0になりますが、

50kcalしか消費できずにエネルギー(50kcal)が余ってしまっている状態が「肥満」に繋がるワケです。

 

昔に比べて現代は高カロリーの食べ物が多く出回っている反面、体を動かす時間が減っているこの世の中では肥満になってしまうリスクが高くなってしまうのも無理ありませんよね 😥 

 

そんな時代だからこそ

・食べ物の管理をしてカロリー摂取を抑えること

・体を動かしてカロリー消費を増やすこと

でしか健康的に痩せる方法はないのです。

 

「そんなことわかってる!!」

 

って声が多く聞こえてきそうですが…

 

じゃあ具体的にどれくらいの摂取カロリーがよくて、どれくらい消費すればいいのかみていきましょう。

 

極度の食事制限を行えば確かに急激な体重の減少は可能ですがリバウンドのリスクがあるため今回は健康的に痩せるための目安をご紹介いたします。

 

健康的に痩せるための体重減少のペースというのが1週間に体重の約1%だと言われています。

50kgの人なら0.5kg、60kgなら0.6kg、70kgなら0.7kg………

1ヶ月に換算するとだいたい2〜3kgですよね。

 

では次に脂肪1kg落とすためにどうすればいいのかみていきましょう。

脂肪1kg落とすためには約7,200kcalも消費しないといけないのです!7,200ですよ!7,200 😯 

 

フルマラソンで例えると約2回分です!

こう見るとすごい数字ですよね…これがダイエットは1日にしてならずと言われる由縁です。

1日水だけで寝て過ごした場合でも6日かかりますね。(基礎代謝量1200kcalとして)

(※基礎代謝量→何も運動しなくても生きていく中で1日に消費するカロリー)

 

話を元に戻して1ヶ月に2kg落とすためには7,200kcal×2=14,400kcal消費する必要があります。

基礎代謝量1,200kcalとして摂取カロリーを1日1,200kcalとすると現状維持となり、60日で14,400kcal消費するとなると摂取カロリーと消費カロリーの差を1日−240kcalにしないといけません。

 

240kcalって?

240kcalを運動で消費するためには以下の条件が必要です(体重や強度の差にもよります)

◯2時間以上のヨガ

publicdomainq-0038447paq

 

◯1時間以上のジョギングや筋トレ

publicdomainq-0010654wcb

 

240kcalの食品には以下のような物があります。

◯ご飯茶碗1杯

ご飯

 

◯ビール500ml一本

publicdomainq-0037387zib

つまり、毎日このどれか一つを選んで2ヶ月過ごせば健康的に2kg落とすことができるのです。

毎日の積み重ねが体に馴染んでいき太りにくい体にしていくのです。

すみません、今回は数字や計算が多い記事となってしまいました。

しかし、ただダイエットするよりも効率よく考えて賢くダイエットする方が具体的に何をするのかが見えてきます。

 

A.T.NAGASHIMAのオリジナルパーソナルダイエットトレーニングとは?

個人の差もありますがA.T.NAGASHIMAのパーソナルダイエットトレーニングではこの240kcalを目指してトレーニングメニューを作成しております。

また食事の管理はアプリを利用して摂取カロリー調整を行います。

 

※接骨院併設のトレーニングジムです。

無理なく健康的に体重減少を目指しておりますので急激なダイエット目的の方はご遠慮させていただく場合がございますのでご了承お願いいたします。

 

2020年東京オリンピックイヤーの来年は理想とする体を手に入れて−10歳を目指しませんか?

そのお手伝いはぜひA.T.NAGASHIMAが担当いたします。

お気軽にご相談くださいね。

IMG_1340 2

【枚方市駅から徒歩5分の鍼灸整骨院】

美容鍼、鍼灸治療、整体、パーソナルトレーニング

鍼灸整骨A.T.NAGASHIMA

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る