胸郭出口症候群

このような症状でお悩みはありませんか?

  • 首や肩、手にしびれが出ている
  • 首や肩回りがだる重く感じる
  • 手の感覚が鈍くなってきた
  • 首や肩回りのしびれは両方ではなく片方に出ることが多い
  • “胸郭出口症候群”だと言われたが、どうしていいか分からない

“胸郭出口症候群”と言う名前は聞きなれていなくても、上記のような症状やお悩みに困っている方は多いかと思います。

首や鎖骨あたりを通る神経や血管を筋肉の緊張などで圧迫され、「しびれ」などの症状が出現する病気を“胸郭出口症候群”と言います。

ただの肩こりと思って痛みやしびれをほっておくと慢性的な首肩の痛みや腕、指先のしびれ、筋力低下などを残してしまいます。
治療やリハビリを行わないと手術療法になることも稀にあります。そうならないためにも正しい治療と専門的なリハビリが必要になってきます。

我々は「プロアスリートに提供するクォリティーを一般の方に」というコンセプトを胸に、〝プロの選手が受ける技術〟をスポーツ愛好家から地域スポーツをされているお子様、運動不足のサラリーマンの方から健康あり続けたい年配の方まで、幅広い層の方々に提供することにこだわります。

胸郭出口症候群とは?

  • 胸郭出口症候群

    胸郭出口症候群症候群は、首や鎖骨の下あたりに通っている血管(鎖骨下動脈や静脈)、神経(腕神経叢)が肋骨、鎖骨、筋肉などによって圧迫され、それによって引き起こされる一連の症候群を“胸郭出口症候群”と言います。

    圧迫される場所によって
    ①斜角筋症候群 ②肋鎖症候群 ③過外転症候群 などに分けられます。

    15~50代の各年齢層に見られますが、20代が最も多く、なで肩の女性に起こりやすい傾向があります。

    また、症状は両側性ではなく左右どちらかの片側性である事が多いです。

胸郭出口症候群の症状は?

胸郭出口症候群の症状としては、

・上肢のしびれ感

・上肢の放散痛

・上肢の脱力感

などがあります。

また手指の運動障害や握力低下が起きている場合は手の筋肉の萎縮によって手の甲の骨の間がへこんできたり、手全体が痩せたように見えることもあります。

胸郭出口症候群の治療法は?

胸郭出口症候群の治療法としては、
①保存的治療と②観血的治療があります。
①保存的治療
・姿勢改善

・上肢の三角巾による保持

・上肢の筋力強化

・温熱療法、電気療法

②観血的治療
圧迫の原因である第一肋骨や前斜角筋を手術で切除する事もあります。

当院での治療は①の保存的治療になります。
骨盤矯正×筋肉調整やトレーニング、ストレッチ指導などを行い、ただ痛みを取るだけでなく、根本改善を目指します。

  • ハイボルト治療器

    急性期は炎症を早く引かせるために、当院では微弱電流を用いて治療を行います。

    また当院のハイボルト治療器は使用するモードを変更することで急性期の炎症軽減だけでなく、疼痛の緩和なども可能です。

    胸郭出口症候群のような神経症状にも効果的です。

  • 鍼治療

    胸郭出口症候群に対する鍼治療は、痛み、しびれをコントロールできます。

    痛み、しびれのコントロールすることで周りの筋肉の緊張も改善されて負担がかかりにくくなります。

    また、鍼に電気を流すことで筋肉の緊張の緩和と血流の改善もみられ治りやすい環境に整えていきます。

  • 当院オススメの骨盤矯正×筋肉調整

    私たち「プロのトレーナー」が行う「骨盤矯正」は、「骨格を矯正すること」を目的とするのではなく、「正しいポジションを筋肉と骨格に記憶させること」に焦点を置いています。

    そのため、「骨盤矯正×筋肉調整」では
    ・正しいポジションに、筋肉の状態を「再教育すること」
    ・痛みがない状態での矯正
    ・骨盤の状態を安定させること
    ・状態によって「安定させる関節」と、「ゆるめる関節」を使い分ける技術
    ・日常生活で簡単にできる姿勢矯正法
    を念頭にオーダーメイドの施術を行なっています。

    骨盤矯正×筋肉調整のコースでは、脊椎や肩甲骨の可動域を上げ正しいポジションへと再教育を行うことで筋肉への負担を軽減し、神経や血管を圧迫する筋肉に負担のかからないようにします。

胸郭出口症候群に対してのストレッチ

  • 首回りのストレッチ

    神経や血管を圧迫している筋肉の柔軟性を上げることでしびれ感や感覚異常が軽減されることがあります。


    ★ポイント★
    ストレッチを行う際は猫背などにならないよう、正しい姿勢で行うようにしましょう。

ご質問やご相談はこちら

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る