TFCC損傷(三角線維軟骨複合靭帯損傷)

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 手をつくと痛い
  • ものを持つと痛い
  • ドアノブを回すと痛い

TFCC損傷は、多くは転倒した際に手をついた時に起きる怪我です。その他にも野球やテニスなどのグリップ動作を伴うスポーツでも多く見られる症状です。もちろん、交通事故などでも損傷します。

過去に転倒したが、その後、治療をせずに放っていた場合や痛みを抱えながらスポーツを続けていたなどを訴えて、当院に受信される方が多くいらっしゃいます。

当院では、「手足のしびれ」の症状に合わせた治療、リハビリで症状の改善を行なっおります。

TFCC損傷はなぜ起きるのか?

  • TFCCとは?

    TFCCとは三角線維軟骨複合体と言われ軟骨や靭帯を含んだものです。
    この軟骨や靭帯はは、手関節の小指側にあり、手関節の安定性や力の伝達に大きな役割を持っています。

    この軟骨が転倒や繰り返しのストレスにより軟骨や靭帯を損傷したり、変性が起きたりして症状が発症します。

    また、TFCCの損傷により尺骨(前腕の小指側の骨)の不安定性が大きくなり、手をついた時に痛みが出るなど症状が出ます。

  • TFCC損傷の症状とは?

    ・ドアノブをまわすような動作
    ・手を小指側に傾ける動作
    ・捻る動作
    ・野球やテニスなどのスイング動作
    このような症状が出ます。

当院での治療例

当院での治療は、徒手療法による関節モビライゼーションやハイボルテージといった電気治療器・鍼治療を組み合わせて痛みを取っていきます。
また、手掌にある手根骨のアーチを形成できるようなリハビリも同時に行っていきます。

  • ハイボルト治療器

    痛みを軽減し、治癒を促します。

    通常の電気治療器は低周波が追いですが、この治療器は高圧の電気を患部の深い組織まで流し、神経の興奮を抑えて高い鎮痛効果を発揮してくれます。
    また鎮痛効果だけでなく、抗炎症作用や治癒促進効果や可動域改善の効果も期待できます。

  • 鍼治療

    TFCC損傷に対する鍼治療は、痛みをコントロールできます。痛みコントロールすることで周りの筋肉の緊張も改善されて負担がかかりにくくなります。また、鍼に電気を流すことで筋肉の緊張の緩和と血流の改善もみられ治りやすい環境に整えていきます。

ご質問やご相談はこちら

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る