前十字靭帯損傷

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 前十字靭帯損傷をしてから不安感もあり、パフォーマンスが低下し、思うように動けない。
  • 病院で前十字靭帯損傷と言われたが安静にと言われた
  • 一日でも早く治したいが何をしたらいいかわからない

当院に来られる患者様からこのようなお話をよく聞きます。
たしかに前十字靭帯を損傷した直後は安静にすることは大事なことです。
それだけでは早期復帰ができないだけでなく再発のリスクも残ります。
早期に復帰するには前十字靭帯損傷がどのようなメカニズムで起こるケガなのかを理解し、正しい治療と再発予防のためのトレーニングが大きな鍵となります。

我々は「プロアスリートに提供するクォリティーを一般の方に」というコンセプトを胸に、〝プロの選手が受ける技術〟をスポーツ愛好家から地域スポーツをされているお子様、運動不足のサラリーマンの方から健康あり続けたい年配の方まで、幅広い層の方々に提供することにこだわります。

前十字靭帯損傷なぜおこる?

前十字靭帯損傷とは膝関節に捻れのストレスが急激に加わった時に「部分断裂」「完全断裂」を起こしてしまう靭帯のケガです。
場面としては
・サッカーやバスケなど、急な切り返し動作や方向転換時
・膝が内に入るようなジャンプ動作
・ラグビーなどのコンタクトスポーツでのタックル時
など接触型、非接触型の2パターンです。

  • 以下のような特徴をお持ちの方は特に前十字靭帯損傷が発生しやすい状態です。

    ・柔軟性低下
    ・筋力不足
    ・筋力のアンバランス
    ・間違った体の使い方

前十字靭帯損傷の症状は?

前十字靭帯損傷は症状の程度によって3段階に分けられます。

  • 第1段階・・・軽症

    症状は比較的軽く、部分的に小規模の靭帯断裂が生じているケースです。
    痛みはありますが自力の歩行が可能な状態です。

  • 第2段階・・・中等度

    靭帯の一部断裂、皮下内出血を発症している状態。
    自力歩行が難しくなってきます。

  • 第3段階・・・重症

    この段階になると自力歩行はほぼ不可能となり、痛みも非常に激しい激痛を伴うようになります。膝関節の緩さも出て、半月板も損傷している可能性もあります。
    3段階で症状はさまざまですが、内側側副靭帯は応急処置の処置レベルによって、治療後の「競技への復帰までの期間」を大きく短縮することも可能となってきます。

前十字靭帯損傷を放っておくとどうなるのか?

前十字靭帯損傷を放っておくと、靭帯や関節に緩みや弛緩性が起こります。
そうなると不安定感が出てきて、スポーツ時や日常生活の質が低下します。

また、そのままにしておくと関節内の半月板にも影響が出てきます。
治療やリハビリをしないままスポーツを続けることはリスクが高いです。

前十字靭帯損傷に対する治療法は?

  • 前十字靭帯損傷の治療は一般的に保存療法で行われます。

    病院などでの一般的な治療は以下の通りです。
    ・安静指導
    ・湿布薬の処方
    ・痛み止めの処方 など

    整形外科などでの治療は、多くの場合、安静指示や湿布の処方、痛み止めの処方で終わることが多く、競技復帰までの治療やリハビリを受けられる施設は少ないのが現状です。

    そのため、十分な治療が受けられず復帰が早すぎて再発してしまう方、いつからスポーツ活動していいのか分からず安静期間が長すぎ筋力低下してしまっている方、不安感が強くスポーツをやめてしまわれた方も多くおられます。

    また、患部の治療を適切に行ってくれる病院でも、患部外の状態を確認する病院は少なく、再発のリスクまで考慮できていないケースや、患部以外に痛み出てくることで生活にも支障がでるケースもございます。

前十字靭帯損傷の方のオススメ治療

  • ハイボルト治療器

    急性期は炎症を早く引かせるために、アイシングや圧迫、固定などの基本処置と併せて、当院では微弱電流を用いて治療を行います。
    また当院のハイボルト治療器は使用するモードを変更することで急性期の炎症軽減だけでなく、疼痛の緩和なども可能です。

  • アスリハコース

    痛みが軽減し、競技復帰を目指す方や再発予防の為のコースです。
    前十字靭帯損傷は筋力低下や体の間違った使い方などで再発の可能性が高くなる可能性があります。
    当院では、患者様の状態に合わせて競技復帰までのトレーニングや再発予防、パフォーマンスアップのトレーニングを行っております。
    痛みがなくなったから、競技復帰という安易な計画ではなく、きちんと身体の状態を復帰させることで「癖になる」を起こさせません。

前十字靭帯損傷治療例

  • 急性期(受傷後から3日)

    前十字靭帯損傷を受傷した時点で、靭帯は部分的な断裂によって大量の内出血を伴い、炎症反応が起こります。
    この炎症反応を最小限に抑えるために、受傷後直ちにアイシング処置を行うことが重要です。
    アイシングを行うことで血液の流れが鈍くなり、患部への「血液の過度な集中」を抑えることが出来ます。
    アイシングと併せて、バンテージなどで患部を圧迫・固定することも大切です。
    基本的な応急処置に加えて、当院では患者様の症状に合わせて、微弱電流など最新の治療器を用いることで急性期の炎症や痛みなど様々な症状を早期軽減させるような治療も行っております。
    さらに、患者様自身でもご自宅でアイシングを正しく行って頂くことでより回復が早まります。
    15~20分間の氷を用いた患部のアイシングが基本ですが、患者様の状態に合わせて担当スタッフから直接ご指導いたします。

このように、痛みがなくなったら即スポーツ復帰出来る訳ではなく、きちんとリハビリを行って、競技復帰することが再発予防のためにはとても大切です。
また、患部以外の状態もキチンと確認し、なぜ前十字靭帯損傷が発生したのかを確認し、患部の回復だけでなく、全身状態の調整、再発予防のトレーニングまで行います。
当院ではプロのスポーツ選手と同じように、あなたにあったプログラムを作成し、健康で美しい、ハイパフォーマンスな身体へと導きます。
どこにいっても解消しなかったあなたのお悩み、是非当院へご相談下さい。

お客様の声(前十字靭帯損傷)

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

ご質問やご相談はこちら

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る