捻挫・肉離れ・打撲

痛い箇所を揉むだけの部分的な施術はいたしません

早い段階で適切な処置を受けることが重要

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合、強い力で筋肉が引き伸ばされたり、外力によって筋繊維が傷んだりして、炎症が起きているため強い痛みを発します。

一般的な、捻挫・挫傷・肉離れ・打撲などの怪我は、テーピングでの固定や湿布のみで、安静を指示され、様子を見ることが多く、治癒するまでの日数がかかります。いつまでも安静にしておくと、怪我した関節が固くなり、他の関節にも悪影響を及ぼしてしまいます。
そのため、早い段階で適切な処置を受けることが重要です。

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術は?

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術は、通常、アイシングをした後、固定しますが、ゆがんだ状態で固定してしまうと、バランスが崩れたままになるため、症状の回復が遅くなります。

そこで、当院では、急性期はまず、固定・アイシングを行い、さらにトップアスリート御用達の最先端治療器により細胞レベルで治療を行います。長期間の無用の固定は治癒を遅らせます。
可能な限り早い時期から、運動療法を取り入れた施術を行います。プロスポーツ選手に用いる「スポーツマッサージ」と「ストレッチ」を施すことによって、回復期間を短くすることが可能です。

また、一時的な痛みの改善だけでなく、怪我した箇所の周辺部分の関節や筋肉についても適切な処置を施し、「機能改善」「怪我・障害からの1日も早い社会復帰」から、「パフォーマンスアップ」「疲れないからだづくり」に繋がる施術を行っております。

交通事故後の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合の対処方法

車同士での交通事故では首(頚部)の捻挫やむちうちが多いですが、バイク、自転車、歩行者と車の交通事故では、足や手、腕の怪我が多くなります。 レントゲンでは異常なしと言われる「捻挫、挫傷、肉離れ、打撲」に関しては、整骨院での治療、リハビリをお勧めします。

足の怪我で多くみられる足首の捻挫は、レントゲン検査では異常なしと言われるかと思います。 このレントゲン検査で異常なしというのは、あくまでも骨折はしていないという事であって、筋肉や靭帯が損傷しているケースがほとんどです。

足首や腕、手首の筋肉や靭帯はレントゲン検査では写る事が無いので異常なしとの診断が出ますが、靭帯や筋肉をしっかりと修復する為の治療を行わないと後遺症を残す事になったり、捻挫癖がついたりします。
当院の施術では、早期回復に加えて後遺症を残さないための施術を行っています。(自賠責保険適用の場合は自己負担0円で専門の施術を受けることが可能です)

お客様の声

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

捻挫ブログ

代表取締役 長島 裕二

代表経歴

  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
    鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師
  • 阪神タイガーストレーナー(1982〜1998)
  • 関目病院リハビリテーション科(1999〜2002)
  • N.Y.メッツ新庄剛志選手治療のため渡米(2001)
  • 立命館大学硬式野球部(2001)
  • A.T.長島治療院開院(2002)
  • 株式会社A.T.NAGASHIMA設立(2003)
  • 日本プロ野球トレーナーOB協会副会長就任
  • 履正社医療スポーツ専門学校 非常勤講師(2007〜)
  • (株)コンディショニング・プロデュース・ジャパン代表取締役就任(2008)

代表経歴

  • 1982〜1998年
    阪神タイガーストレーナー
  • 2008年
    日本プロ野球トレーナーOB協会副会長就任
    (株)コンディショニング・プロデュース・ジャパン代表取締役就任 ほか
鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る