ケガを完治させる為に必要な事ってなに〜?

鍼灸整骨A .T.NAGASHIMAの元田です(^ ^)

 

先生〜

 

 

前のブログ読んだよ〜!

 

 

どんどん書いて〜

 

と大反響なので

 

どんどん書いちゃいます^_^笑

 

今回は、ケガ(痛み)を治す為に必要な事をお伝えしますね!!

 


 

 

①スポーツ中や日常生活でケガをした場合には、必ず医療機関へ!

 

整形外科様や整骨院へ行って頂き、ケガの状態の確認を行って下さい。

 

IMG_9706

 

 

放っておくと

 

 

痛みをかばったりして体の動きがおかしくなったりしてしまいますので

 

 

別の箇所が痛くなる

 

 

事が多々あります( ; ; )

 

 

そうなると悪循環になってしまいどこが痛いのか分からない状態になってしまいます。

 

 

 


 

②リハビリを必ず行う!

 

 

痛いから全身安静にするは良くないです。

 

 

ケガをしてすぐは

 

患部安静

 

です!

 

 

患部意外は動かしても大丈夫!

 

 

✳️本当に動かしてもいいのかどうかは実際に状態確認をしてからの判断

 

 

患部は硬くなったり、動きが悪くなったりする事がほとんどなので、

 

動かせる時期になればどんどん動かします!

 

施術(肩甲骨2)

 

実際に患者様からのお話を聞いていると

動かす(リハビリ)事をされている方が少ない様に思います。

 


 

③A .T.NAGASHIMAでは、どんどん動かす!

 

当院では、どんどん動かしていきます(運動療法)

患者様のケガ(痛み)の状態を確認して、今何が必要なのか判断してリハビリを行っていきます。

 

 

例えば・・・

 

 

40・50肩の症状の場合、マッサージ・電気治療のみでは治らない事が多いんです・・・

 

もちろん当院でも、マッサージ・電気治療を行います。

 

 

マッサージ・電気治療にプラス肩周りを動かす事が重要です!

 

 

例えば・・・写真の様にバランスボールを利用して背中の柔軟性を上げる事も重要

E02E7E9A-6331-4935-8F1F-9F994D37E745_1_105_c

 

他にも、チューブを使用して方周りのトレーニングを行い筋力強化も重要

 

 

42CA3FAB-42B5-4D77-92D3-9A940C05E033_1_105_c

この様に、肩が痛くて上がらない場合にも様々な運動を取り入れて身体が正常に動く身体作りを行っていく事で再発予防にも繋がっていきます。

 

 


 

 

 

 

最近は

 

野球中のケガぎっくり腰でお悩みの患者様が増えてきています。

 

また、1度痛かった症状が完治して別の部分をケガしてしまった方も多く来院されています。

 

 

ケガや痛みにお困りの方は、気軽にお電話かLINEからご連絡下さい。

 

HP スライド用

 

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る