産後のお母さんへ必見です☆

こんにちは。

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMA 野村です。

 

今回は当院の産後の骨盤矯正や運動についてです。

 

F4EC2F0C-D868-4940-96C0-EF7486F4BC01

 

まず、なぜ産後のお母さんに骨盤矯正や運動が必要なのか?

産前から産後にかけてお母さんの体は目まぐるしく変化していきます。

特にホルモンバランスが急に変化して「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンには靭帯を緩める作用があり骨盤を緩めて赤ちゃんをお腹の中で安定させます。

そして分娩しやすいように働いてくれます。

産後は個人差にもよりますが約半年くらいでリラキシンの分泌は止まります。

ということは、リラキシンが分泌されている時期に骨盤が歪みやすいのです。

FBCD0D91-0332-49B6-82BA-7A6686EE0CB5

 

さらに、筋肉にも変化が。

特に骨盤底筋群には相当のダメージが起こります。

普段は骨盤の底で内臓などを支える骨盤底筋群。

しかし、妊娠中は胎盤、羊水、赤ちゃんの体重などを支えないといけないので伸びに伸びて弱くなっていきます。

適切な運動を行わないと産後の尿漏れなどの原因となります。

 

また、腹筋にもダメージが起こりやすくなります。

左右の腹筋を繋ぐ腱がリラキシンの働きにより裂けてしまいます。(腹直筋離開)

これは赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなり起こることで、妊娠女性の約9割がなると言われています。

産後、徐々に戻っていきますが、適切な運動を行わないと元に戻らなくなってしまうこともあり、注意が必要です。

5FA37BBC-A910-487D-ABFE-832CFE25EDCA

 

 

最後に姿勢の変化もみられます。

産後のお母さんは赤ちゃんを抱っこしたり授乳したりと大変です。

抱っこするのも左右どちらか一方で行ったり、授乳で猫背が強くなったりしてしまいます。

そのまま放置すると股関節の痛み肩こり腰痛の原因となります。

 

873AB127-F3AA-4922-9DEE-D96C0FE58D2B

 

当院の産後骨盤矯正&ダイエットとは?

最近では産後の骨盤矯正が一般的になりつつあり、当院にも産後1か月〜のお母さん方が多く来院していただいております。

来院理由としては、

「骨盤が歪んでいる気がする」

「体重を産前に戻したい」

「腰・股関節が痛い」

「肩が凝っている」

「尿漏れが気になる」

など、みなさんそれぞれお悩みがあって来院されます。

以前、整形外科に行って産後に骨盤矯正を行わなったのが原因???で股関節に痛みがあると言われて来院された50代の方もいらっしゃいます。

このように産後の骨盤の歪みや筋肉の調整を行わないと何年か後に症状が出てくる場合があります。

ですので私たちは骨盤の状態が整いやすい時期に骨盤矯正だけではなく骨盤の歪みを誘因している筋肉を見つけ出し調整していきます。

骨盤調整

 

さらには日常生活の動作をチェックして改善するエクササイズを行うことにより骨盤の安定性を獲得します。

その後、骨盤が安定してきたら「産前よりも美しく快適な体に」なる為にパーソナルトレーニングをオススメしております。

 

419B3A2A-F965-4EFD-8080-1CB95E6C708E

 

今年に入ってから産後のお母さんの問い合わせや来院が増えてきました。

みなさんの体に対する意識が変わってきている証拠だと感じます。

当院はそんなお母さん方の憩いの場でありたいと思っています。

 

少しでも気になっている方はLINEでもご相談可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

ブログ用フッター画像

【枚方市駅から徒歩5分の鍼灸整骨院】美容鍼、鍼灸治療、整体、パーソナルトレーニング

鍼灸整骨A.T.NAGASHIMA

 

鍼灸整骨 A.T.NAGASHIMAの口コミ・感想をもっと見る